Home > 2009年05月

2009年05月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

マカロン

   相沢です。

   今回、マカロンの新作を4品作りました。
   ココナッツのマカロン・・・・・ココナッツとホワイトショコラのクリーム
                   パインのコンフィチュールをサンドしました。
  
   マロンのマカロン・・・・・・・キャラメルのクリームとマロンをサンドしました。

   苺のマカロン・・・・・・・・・・ホワイトショコラのクリームと
                   苺のコンフィチュールをサンドしました。

   カシス、オレンジのマカロン・・・・・オレンジのクリームと
                        カシスのコンフィチュールをサンドしました。

   当店のマカロンはすべてスペイン産の荒引きのアーモンドを使用しておりますので
   アメリカ産のアーモンドより香りや風味がまるで違います。
   私がフランス菓子(というより食)で大切にしている香り、食感、味の3つの要素の
   香り、荒引きであるが為によく感じて食した時に、舌に残る軽いザラつきが
   日本の痩せた大地にはないスペインの豊穣の極みを感じさせます。
   機会がございましたら1度ご賞味くださいませ。
    
   


   

新作パート、2

  相沢です。

  ちなみに毎年この季節ぐらいからクリスマスケーキを
  思案しております。

  以上です。

新作

  相沢です。

  今、スタッフの1人に新作を考えてもらっています。
  巨峰、紅茶、メープルシロップを使うといってました
  私のお店なので私の考えは入りますが何ができるか
  楽しみです。
  よく、ここまで成長したな~と思います。
  うれしいですね。
  
  今後も更に飛躍して私を越えていってください
  楽しみに待っていますといいたいです。

父の日

   相沢です。

   母の日には、暑い1日でありましたのに多数の御来店ありがとうございました。
   心より感謝いたします。

   さて今回、父の日も6月ですので、蒸し暑くなると思います。
   そこで、当店では夏でも食べ易いショコラの軽いスフレを父の日に販売いたします。
   期間は6月14日~21日の限定販売です。
   今回のショコラは世界収穫量10%以下といわれるアリバ・ナシオナル種を更に
   厳選したものを、がんばるお父さんの為に仕入れました。
   オレンジやレモンがほんのり香り、小麦粉が入っていないので本当に軽くて
   どなたでも(あっ、お父さんの為に)食べやすくなっております。
   しかし、ショコラのフレーバーはしっかり残ります。
   価格は¥1000円です。(予定)
   是非、お楽しみにしてください。

ヴィーナスの腕

     相沢です。

   古典フランス菓子の中に「ヴィーナスの腕」というドライフルーツの入った
   ロールケーキがございます。
   本当にお菓子職人でも知らない人が多いと思います。

   今回、新商品としてこの古典菓子を私なりに現代風にアレンジして
   スポンジ生地に紅茶でコンポートしたドライフルーツを入れて、
   クリームにはクリームチーズで作ったバタームース(これも珍しい作り方ですが)
   と赤ワインでコンポートしたドライイチジクとオレンジピール、クルミを
   入れてロ-ルにしました。
   仕上げに木苺のジュレを塗って出来上がりです。

   フランス菓子屋のルレ(ロール)です。
   よろしかったら是非、食してみてください。
   

お菓子教室

    相沢です。

  前回のブログでもふれましたが、近々レシピーの小冊子を出します。(6月初旬)
  いつでもお店に取りにきてください。
  いつか本を出したいと思っています。多くの方にお菓子の作り方を
  覚えて頂いて、御自身で家族、恋人、ホームパーティーの席などで
  色々な人に、幸せになってほしいと心から願います。
  当店で、御来店頂いてケーキなどを購入されることは大変感謝しております。
  少しでも満足いただければと、いつも思い努力しております。
  それと、同じ位皆様にも少しでも私の知っている事を伝えて皆様が人に幸せを
  少しでも、分かち合う事も願わずにはいられません。

  ここで私なりに、もしご希望の方がいたならばお客様のご自宅でも教室を
  開催したいと考えております。
  内容はご希望された方の、好きなものでよいです。
  料金は、特に決めませんので相談という形です。(けっして高いお値段はお取りしません
  もし私の値段で高いと思えばお申し付けください)
  解りやすく、各家庭にある道具で実行したいと考えています。
  もし、ご希望の方は
   TEL (076)491-3164  相沢まで
   メール chouette@sea.plala.or.jp

いつでもご連絡おまちしております。

23歳の若き女性

   相沢です。

   先月、東京に行ってまいりました。
   メーカーの方のお誘いがあったのがきっかけです。

   そこで私の勉強仲間(というのが1番わかりやすい表現ですかね、)にお会いして
   OFF会を開催したのですが、その中にKさんという、23歳の女性の方が居られまして
   早稲田大学卒業の方ですが、正直今まで、彼女のような綺麗で知的な女性には
   お会いしたことがないと言ってもいいくらい素敵な若者でした。

   さて、それはどの様な感じで?といいますと、
   知的というのは見る人によってさまざまな判断があるとは思いますが、
   おそらくは彼女に関しては、95%位の人が私と同じ印象を受けると思います。
   (実際、他の出席者も同じ意見でしたので)
   それにもまして、感心したのは自分の失敗談や悪い所を笑いながら話して
   「私は、このようにしていますがどう思いますか」
   「私の考えの何が間違っていますか」
   など、人に質問してそれに答えると、”どうして””なぜ”と相手にも、自分にも
   更に質問してくる姿勢ですね。
   自分に今何が足りないのかと言う事を常に考えて、自分で答えを見つけ
   間違っていたら修正する姿勢。
   かといって、そんなに窮屈、無理してる感じもしないですし、
   「なぜ、そこまでその年齢で考える事ができるのですか?」
   と、尋ねたら「目的があってそれを達成したら次がある。私は凡人だから人以上に
   考え、努力をしないと」と、いって笑っていました。
   しなやかな人だと感じざるえませんでしたね
   
   私は思うのですが、もし今が100年に1度の不況(よくわかりませんが)、
   格差社会ともいいますが、
   考え方の格差が1番問題視すべき点ではないでしょうか
   夢や憧れだけでは、ダメで自分で考え、悩み行動し、修正する
   努力は必要だと思います。(自分も含めてですが(笑)
   
   あの日は23才の若者からおおくの事を感じ学びました。
   

ミルクレープ

  相沢です。
 
  忙しくてしばらく、ブログを休んでいましたが再開しました。
  今回はミルクレープの配合です。
  簡単に作れますので是非、挑戦してください。
  なお、近日中に昨年1年間のお菓子教室のレシピーの
  小冊子を作り店内に置きます。
  ご自由にお持ち帰りください。



      ミルクレープ
   パータ・クレープ(Pâte à crêpes)
  牛乳・・・・・・・・・・・1liter
  全卵・・・・・・・・・・・320g
  グラニュー糖・・・・・150g
  薄力粉・・・・・・・・・・・300g
  無塩バター・・・・・・・100g
  下準備)
  ・薄力粉は篩いにかけておく。
  ・バターは溶かして、焦がしバターにする。
  作り方)
  ① 全卵をボールに入れてときほぐします。
  ② ①の中へグラニュー糖を3回にわけていれます。必ず3回にわけてください。
  ③ ②の中へ薄力粉を入れて混ぜます。
  ④ ③の中へ予め用意した焦がしバターを入れて混ぜてください。
    そして牛乳を3回に分けて入れて生地をしっかり伸ばしてください。
  ⑤ ④(出来上がったクレープ生地)を漉して、タッパーなどに入れて
    2晩冷蔵庫で寝かしてください。
  ⑥ 2晩寝かしたものをフライパンで焼いてください。寝かす時間が短いと生地の
    グルテンが切れずに焼くときに伸びずに出来上がりの枚数が減ります。
    焼き方のコツなどは講習時に説明いたします。
   クレーム・パティシエール(créme pâtissière)
牛乳・・・・・・・・・・・500g
  ヴァニラの鞘・・・・・1/2p
  卵黄・・・・・・・・・・・5個
  グラニュー糖・・・・・110g
  薄力粉・・・・・・・・・・20g
  コンスターチ・・・・・20g
  無塩バター・・・・・・30g
  下準備)
  ・ ヴァニラは裂いて種を出し牛乳の中へ入れておく。
  ・ 薄力粉とコンスターチは篩いにかけておく。
  作り方)
  ① 卵黄の中へグラニュー糖を入れて、白っぽくなるまで混ぜる。
  ② ①の中へ予め篩っておいた薄力粉を入れて混ぜる。
  ③ 牛乳を沸騰させる。
  ④ ②の中へ沸騰した牛乳を3回にわけて入れる。必ず
  ⑤ 牛乳を入れたら鍋にまた戻して火にかけていきます。必ず強火で
    出来上がったらバターを固形のまま入れて混ぜて溶かします。
  ⑥ ⑤を裏漉してください。
      詳しくは講習時に説明いたします。
   クレーム・シャンティー(créme chantilly)
生クリーム・・・・・・・200g
  グラニュー糖・・・・・・・16g
  作り方)
  ①通常通り泡立ててください。
     
   仕上げ)
   ※ジャムは市販の物でしたらお好みで選んでください。
  ① ミルクレープは基本的にはどんなスタイルでもいいのですが
    今回は市販のジャムを使って、クレームパティシエール、クレームシャンティー
    を交互にサンドして積み重ねていきます。


Home > 2009年05月

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。