Home > 2009年10月

2009年10月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

新商品

    相沢です

    ただいま、フランスの古い、古い本を読んで新しいロールケーキを考えています。
    当店にはあまり似合わない(?)お菓子ですが古典を読んでいると
    色々な発想にめぐり合えます。
    
    なるべく早く店頭に並べます。
    他店とは一味違ったロールを楽しみにしてください。

cafe

   相沢です。

   当店では高松コーヒーさんとコラボを組んでコーヒーを販売しているのですが
   これが、今現在思った以上に売れています。

   特にオリジナルのブレンドにはこだわりがありまして、
   ”朝スッキリ目覚めるコーヒー”を販売したい。
   ”とにかくこれ1つあればケーキーが美味しく召し上がれる”
   を、テーマに作ってみました。
   何度か試飲、試作を重ねて今の味になったのですが、
   色々な私の注文に応じてくれたり、ケーキーを幾つも食べながら
   私のイメージにちかづけていただいた、
   高松コーヒーさんの努力には頭が下がるおもいです
  
   お客様はもちろん、このようにして色々な方のおかげで、また努力のもとに
   当店は成り立っています。
   
   今後もこのブログを通じて先の本田先生や高松コーヒーさんのように
   影で当店を支えてくださっている方々をご紹介していきたいと思っております。
 
   経営とは皆様に支えられて成り立っているとおもいます。
   もちろんすべての人間がです

再び感謝

   相沢です。
 
   私はこの1年間、とある講座を受講しておりました
   色々大変でしたが、勉強になりました。
   その時お世話になったTAの本田先生にはこの場をかりて
   心から感謝しておりますと申し上げたいです。

   くどいようですが本当に感謝しております。
   いつかまたお会いできること楽しみにしております。
   (スキルには磨きをかけておきますので)
   ありがとうございました。

感謝

   相沢です。
 
   先の10月16日~18日の3日間、”3周年のイベント”をおこないましたが
   たいへん多くの方にご来店いただき厚くお礼を申し上げます。

   オープンしてからもう3年も時が過ぎたのかと思いいままでにご来店くださいました
   お客様には誠に感謝しております。

   少々マニアックな店でありますがいつもこの街のケーキ屋でいたい。
   少し古い職人ではありますが、いつもフランス菓子を通して皆様のお役に
   立てればと思っています。
  
   今後もお引き立て頂ければ幸いです。
   ありがとうございました。

お菓子教室 10月

相沢です。
  今月は私なりに改良したザッハトルテを作りました


ザッハトルテ
    配合)
     bisucuit au sachertorte(ビスキューイ・ザッハ) 18cmの丸型1台分
      無塩バター・・・・・・・・・・・・・・・・70g
      グラニュー糖・・・・・・・・・・・・・・40g
      卵黄・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・40g
      ショコラ・・・・・・・・・・・・・・・・・・70g
      ヴァニラエッセンス
      卵白・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・60g
      グラニュー糖・・・・・・・・・・・・40g
      薄力粉・・・・・・・・・・・・・・・・・35g
     ココアパウダー・・・・・・・・・・・・20g
  下準備)
      ・薄力粉とココアパウダーはいっしょに篩いにかけてください。
      ・ショコラは湯煎で溶かしておいてください。(溶かしたショコラは30℃位で)
      ・バターは室温にもどしておいてください。
      ・卵白はボールに入れて冷蔵庫で冷ましてください。
  作り方)
   ① 室温に戻したバターをボールにいれてポマード状にして
     グラニュー糖を加えていきます。
   ② ①のグラニュー糖がよく混ざりましたら、卵黄を3回にわけて加えて
     ください。1回ごとにしっかり混ぜてから次をいれてください。
     (ただしバターは立てるのではありません)
   ③ ここがポイントですが、②の卵黄を入れ終わった時にバターが
     硬くなってくる場合がございます。その時は弱火の直火で様子をみながら
     ボールを火にかけながらバターを少し柔らかくしてください。
     ただし火にかけすぎると分量が少ないので溶けてしまいますので
     充分に気をつけてください。
   ④ ③にヴァニラエッセンスとショコラを加えて混ぜてください。
   ⑤ 予め冷ましておいた卵白をハンドミキサーで泡立てていきます。
     最初にグラニュー糖の半分を入れて低速で1分間、混ぜて次に高速で
     混ぜていきます。高速にした時に残りのグラニュー糖を全部入れて。
     7分立て位にします。立てすぎないでください。メレンゲが伸びていきません。
     この時にも、先のバターを柔らかくしておいてください。   
     メレンゲが伸びずに合わせずらくなります。
   ⑥ メレンゲができましたら、バターのボールに3割位いれてゴムベラで混ぜて
     ください。80%位混ざりましたら、残りのメレンゲを全部入れて混ぜてください。
     ゆっくり、丁寧にですよ!(混ぜ方は講習時に説明します)
   ⑦ ⑥が80%位混ざったら、予め篩いにかけた粉類をいれてください。
      ここもゆっくり、丁寧にですよ!
      混ざりましたら、型にいれて170℃のオーブンで30分位焼成してください。
   ⑧ 焼きあがったら冷まして、杏のジャムを全体に塗ります。(ジャムは市販品を煮詰めます)

     ガナッシュ
   配合)
    牛乳・・・・・・・・・・・・・・・・95g
    生クリーム・・・・・・・・・・・25g
    ヴァニラの鞘・・・・・・・・・・1/4p
    ショコラ・・・・・・・・・・・・・・200g
    水あめ・・・・・・・・・・・・・・・25g
    ミネラルウォーター・・・・・・10g
    無塩バター・・・・・・・・・・・・50g
   下準備)
    ・ショコラは刻んで湯煎にかけて溶かしてください。
    作り方)
    ① 鍋に牛乳、生クリーム、裂いて種を取り出したヴァニラを
      入れて沸騰させてください。
    ② 予め溶かしておいたショコラの中へヴァニラの鞘を取り出した
       ①を入れてしばらくおいてください。
    ③ ②を中心からゆっくりとまぜてください。力はいれなくて
      いいのでゆっくりと流れにそってまぜてください。
    ④ ③が完全に混ざったら、水と水あめをいっしょにボールに
       いれて50℃位まで温めてください。
      そして、ショコラの中へ入れて混ぜ合わせてください。
    ⑤ ④の中へ無塩バターを入れて混ぜます。そして常温で固めます。
     (今の季節なら涼しい所であれば充分固まります。)
    仕上げ
   ① 冷ましておいた生地を半分にスライスしてください。
   ② 固まったガナッシュをサンドして、ナッペいたします。
     冷蔵庫でナッペしたザッハを固めてください。
   ③ 残りのガナッシュを45℃位に温めて②に薄くかけてコーティング
     いたします。
     (もしガナッシュを温めていくときに分離しましたら、水と水あめを
      再度温めて、加えて静かに混ぜますとつながります。どの位
      加えるかは講習時に説明いたします)
   ④ コーティングが固まりましたらカットしてください。


3周年を迎えました

拝啓 紅葉の候 木の葉も色ずく季節となりました。平素は格別のご愛顧を受け賜り
厚くお礼申し上げます。
 さて、このたび当店も3週年を迎えることとなり、これもみなさまのご厚情のほど
誠にありがたく感謝の気持ちでいっぱいです。
 ささやかではございますが、10月16日(金)~18日(日)の3日間、1000円以上
お買い上げの方に新商品の焼き菓子3種の中から1点プレゼントさせていただきます。
 お時間がございましたら、是非ご来店ください。
                                               
                                              敬具

ケーキ教室

   相沢です

   来月の第2月曜日(11月9日)にANAクラウンプラザで久々に実習の
   お菓子教室を開きます。
   内容はショコラの苺ショートケーキをクリスマスバージョンにいたします。
   金額は少しお高いのですが、5000円とさせていただきます。
   もし、機会がございましたら連絡ください。(TEL 076-491-3164、相沢まで)

    さて、よくお客様に質問されることなのですが
    「本をみても、さっぱりスポンジがうまくいかない。」
    「何がかいてあるのか意味が解らない部分が多い」 などなど

    本を読んで、見てお菓子の作り方を理解するのは中々難しいとは
    思いますが本の欠点は一連の流れがつかみにくいとう処がありますし
    もう少しだけよいので、理論もくわえておくべきだといつも思います。

    私のお菓子教室は現在は、講習のみになっておりますが、いつかは
    小人数でもかまわないので実習を毎月おこないたいとおもっております。

    そうすれば、細かいところも、実習を通して理解できなおかつご自身で
    作られのでインプットもスムーズに行くと思います。
    そして、得たものをご家庭でアウトプットする
    これが一番の上達の早道ではなかろうかと思っております。

    聞くだけでは中々理解できませんかもしれませんが、お店でよかったら
    いつでも質問にお答えいたしますのでお気軽にどうぞきてください。

Home > 2009年10月

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。