Home > 2010年08月

2010年08月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

Paris2日目

   
    相沢です。

  それでは2日目のパリです
  
  アルザスへ行く事ができなくなったので、今のパリをみて、街を歩いて歴史を感じ
  
  人の生活を少しでも感じようとした私は、同じ地区を徹底的に歩こうと決めました

  正味3日しかないので1日事に自分でブロックを分けて色々歩いてケーキ屋、を中心に

  こだわらず沢山のさまざなお店にいきました(1日12時間は歩いたと思います!!本当です)

  これは思った以上に勉強になりましたし、自分の思考を深めました
  
  そしてこれが私の旅の友です。

  P7070204_convert_20100803213925.jpg
   
   ミシュランのパリの地図です。

  パリに行かれたことのある方はご存知だと思いますがパリは通りの名と番地ではっきり

  解るようになっていますので私はガイドブックよりこちらの地図のほうが使い勝手いいです。

  いつもペンで印を付けています。

  ミシュランの緑地図もコンパクトでいいと思います。

  ホテルのすぐ近くにあるオペラ座の朝です。AM 7:30位ですかね

  P7060019_convert_20100803211930.jpg

  P7060020_convert_20100803212247.jpg


  朝食を食べてすぐに活動した私ですが空気が乾いていい朝でしたので、このままマドレーヌ寺院を

  通って、シャンゼリゼ近くのラデュレまで行きました。

  P7060013_convert_20100727212426.jpg
  
   ラデュレでまた食事をしてマカロンを食べながら歩いてチュイルリー公園を抜けルーブルに行きました

  P7060025_convert_20100803212539.jpg

   観光に行ったわけではもちろんないのですが、ルーブルだけは絶対いくつもりでした

   とりあえず、お休みという事なので、セーヌ川を歩きながら

   P7060044_convert_20100803212658.jpg
  
   P7060049_convert_20100803212911.jpg
  
   河が好きな私はここは、自分の中で上高地を抜いて1番の風景だなと思いながら

   日本は街の作り方をもう少し歴史にこだわらなくてもいいので、揃えた街並みをつくればな~

  と考えていました。

    (手前ミソながら富山の花水木通りは私が知る限り日本でも5本の指に入る素敵な通りだと
     思います)

  それから、1区にあるジャンポール・エヴァン、や、ラ・メゾン・デュ・ショコラにいきケーキや

  ショコラを食べ、街中にあるパティスリー(有名な所より普通のパティスリーによく行きました)

  でタルトを食べ、スーパーで牛乳を飲み(めちゃくちゃ美味い)マルシェでフロマージュを食べ

  食べてばかりいました。(それが仕事ですから 笑)
   
  P7060052_convert_20100803213042.jpg

  こんな感じでみんな食べています。


  ボタン専門店や、雑貨屋、楽器店などを見て歩きまわり、本当に原色を使うのが上手な国だな~

  と思い、陳列のあり方1つにも歴史が感じられてどんなに、私がお金をかけても手間をかけても

  素晴らしいセンスを持っていたとしても、追いつかない空気、時間、場所、などが沢山見えてきます。

  お客様に、少しでも日常を忘れさせるケーキ、空間などを提供したい(そんなにおおげさな

  ものでもないのですが)と考えている私にプレッシャーを与えてくれますね
 
  正直、それがまたワクワクさせてくれのですが

  そして、2区のカフェで食事をしたのですがこれがまた、素敵な老舗で歴史建造物に指定されて

  いるらしく?(フランス人からききました)写真がボケていたのが残念です

  このお店で相席になった、アンソニーホプキンスそっくりのおじさんと妙に気が合い

  二人でワインを5本ぐらい飲んでしまいました。

  3時間位いたのですかね、よく覚えていません。お酒があまり強くない私は当然酔っていましたし

   後からきた、アラブ系?の夫婦?とも盛り上がり4人で飲んでいました

  とてもいい人でしたし、ワインを全部奢ってくれたのもよかったのですが

  最後にアンソニーホプキンスさんが「私は糖尿病」と言った時にはカンベンと思いました

  ただとても楽しい時間であったのには変わりませんが

  ふらふらと酔っ払いながら正直どこを歩いてるのかもよく分からずいると

  ラ・メール・ド・ファミーユ(パティスリー)に偶然つきました

  これが古きよきパリのお菓子屋さんです

  P7060115_convert_20100803213310.jpg

 P7060119_convert_20100803213424.jpg

  P7060120_convert_20100803213534.jpg

  P7060123_convert_20100803213653.jpg

  歴史を感じますね。

 1枚の角にいる、髪の毛が無いおじさんがこれまた言い人で「パティシエ」と言ったら少し厨房を

  見せてくれました。

  それから、ストーレーという1730年に創業した素敵な素敵なパティスリーにいきました

  昔ながらのババやピュイ・ダムール、トレトゥールなど私には宝石のように見えました

  (写真はノンといわれました)

  また、歩きながら色々なお店を回り、写真をとって歩いていると午後の7時位になり

  (まだ全然明るいですが)

  お店も閉ってくるところが多くなってきたのでいったんホテルに帰りシャワーを浴びて

  近くのブラッスリーで食事をして10時30分位ですかね、シャンゼリゼにいって写真をとりました

   P7070245_convert_20100803214036.jpg


   我ながら綺麗に取れたと思います

  もちろん何回も撮りましたけど

  ここでも韓国の方となぜか盛り上がりました
    



  

Home > 2010年08月

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。