Home > スポンサー広告 > アリ・ババ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://patisseriechouette.blog24.fc2.com/tb.php/13-f042016d
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from フランス菓子屋を目指して

Home > スポンサー広告 > アリ・ババ

Home > お菓子の歴史 > アリ・ババ

アリ・ババ

   相沢です

  近日中に(アリ・ババ)なる商品を販売いたします。(正式にはババ)
  実際はサバラン型で作っているのでサバランという商品名が本当でしょう。
  基本的には同じです。シロップに発酵生地を浸してお酒で香りをつけるものですので
  ではなぜ?

  歴史の紐をといていくともともとクグロフ型で作った発酵生地に18世紀初頭、フランスのロレーヌ
  領主であるクチンスキーの好物がこのクグロフであったのですが、ある日食べようとしたら
  固くなっていたので、ラム酒をかけて食べたらたいそう美味だったので気に入り、当時愛読
  していた『千一夜物語』に登場する(アリ・ババ)にちなんでアリ・ババと名づけた。
  と、いう伝えがございます。
  
  サバランは19世紀の中ごろ当時有名パティシエであったジュリアン兄弟がババをさらに改良
  して生クリームやフルーツをつけ、偉大な美食家ブリア・サバランにちなんで(サバラン)
  と名づけられました。
  要はクグロフ→ババ→サバランと1つの系譜に属するおかしです。

  私がなぜアリ・ババと言う商品名に決めたかは、クランチスキーの話が気にいったからです。

  お菓子とは歴史の紐を解くと色々なものが見えてくるものです。

 今後も色々なお菓子の歴史のお話をしたいと思っています。

 御覧頂きありがとうございました。

スポンサーサイト

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://patisseriechouette.blog24.fc2.com/tb.php/13-f042016d
Listed below are links to weblogs that reference
アリ・ババ from フランス菓子屋を目指して

Home > お菓子の歴史 > アリ・ババ

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。