Home > スポンサー広告 > ガレット・デ・ロア

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://patisseriechouette.blog24.fc2.com/tb.php/67-90fe7f60
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from フランス菓子屋を目指して

Home > スポンサー広告 > ガレット・デ・ロア

Home > インフォメーション > ガレット・デ・ロア

ガレット・デ・ロア

    相沢です。

  元旦から、せっせと働く私ですが当店ではガレット・デ・ロアを販売しています。

  ガレット・デ・ロアとはフランス語で「王様のお菓子」という意味で1月6日の公現祭に
  食べるフランスの伝統菓子であります。
  公現祭とはイエス・キリストの誕生を祝福するために東方の三博士がベツレヘムを訪れた
  日のことでフランスでは祝日になっています。
  この日には家族や友達など大人数で集まり、皆でガレットを切り分けて食べます。
  中に1つだけフェーブと呼ばれる陶器の人形が入っていてそれが当たった人はその日
  は、王様、王女様になれ皆から祝福されその年はいいことがあるといわれます。
  ゲーム的要素もあり、フェーブは子孫繁栄の象徴ともいわれています。
  フランス南仏ではブリオッシュをリング状にしてガレット・デ・ロアというそうです。

  今年は通常のパイ生地のものとブリオッシュの両方を販売いたします。

  ちなみに富山でガレットを最初に販売したのは某ホテルに勤務していたとき
  の私です。(自慢ではありません。笑)

  正し、召し上がる時はフェーブ(陶器の人形)が入っていますので
  気をつけてください。

  
  03_convert_20091220223018_convert_20091220223228.jpg


  
スポンサーサイト

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://patisseriechouette.blog24.fc2.com/tb.php/67-90fe7f60
Listed below are links to weblogs that reference
ガレット・デ・ロア from フランス菓子屋を目指して

Home > インフォメーション > ガレット・デ・ロア

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。